香港旅行のレンタルWifi【安い!】を比較してみましたよ!

今や香港旅行の必需品となった海外用レンタルwifi!

こんにちは、最新の “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今や海外旅行の必需品となったレンタルWifi

……今回は、香港旅行におけるレンタルWifiの【安い!】を比較してみました。

どうぞ、参考になさってください。

香港のWifi事情

香港はスマートフォンの普及率が約90%(日本約50%)と非常に高く、空港や公共施設や飲食店の他に路線バスでも無料でWifiサービスが利用できます。

市街地域では無料のワイファイサービスがあって当然という雰囲気なので、「Free Wi-Fi」の表示板を探さなくてもスマートフォンなどでブラウザを起動するだけでインターネットにアクセスできる場合があります。

街歩きが中心の香港観光はスマートフォンやタブレット端末を持参すれば、地図検索や観光スポットについての情報を調べる際に非常に便利です。

下町情緒あふれる路地裏を歩いて観光する場合には細くて入り組んだ道で迷うことがあるので、インターネットの地図検索は必須です。

香港では観光客でも手軽にインターネットに接続することができますが、同一のデバイスで1日にアクセスすることができる時間、または回数が制限されている場合があります。

Wifi電波は数十m程度しか届かないので、歩きながらインターネットに接続すると回線が切れてしまいます。

また、同一のスポット内に多くの利用者が集まると回線が混雑して、インターネットにアクセスできないことがあります。

香港へ旅行に行くなら絶対「海外レンタルWifi」がお勧め!

香港観光の際にちょっとした調べ物をする程度であれば無料のWifiスポットを利用することができますが、メールやパスワード認証を必要とするサイトにアクセスする場合には、暗号化されているワイファイサービスを利用しなければなりません。

日本人でもHSBCやスタンダードチャータード銀行など現地の銀行に口座を開設して、日本円を香港ドルに両替する人もいます。

当然の事ながら、ネットバンキングに接続する際は公衆無線LANサービスを利用することはできません。

そのため、携帯電話会社の海外パケットサービスやレンタルWifiを利用する必要があります。

携帯電話会社の香港パケットサービスは1日あたり約3千円で、各自が個別に契約を結ぶ必要があります。

これに対して香港用レンタルWifiは、1台のルーターを数人で共有することができますし、通信量あたりの料金が安いのでお勧めです。

また、ワイファイルーターをレンタルすると現地の電源プラグに対応するUSBアダプターも一緒に借りることができるので、ホテルでスマートフォンやタブレット端末を充電するのに利用できます。

香港であれば通信速度が低くて料金が安い3G回線と、高速通信が可能な4G回線から選択できるようになっています。

レンタルWifiを比較するのはこの3社!

そんな便利な香港用レンタルWifiを探したいとき、お勧めできる会社は3社あります。

その3つは

・イモトのWiFi

・ワイホー(Wi-Ho!)

・グローバルWiFi

になります。


■[イモトのWiFi]の概要


香港旅行の際に「イモトのWiFi」を利用する場合には、1ヶ国プランまたは香港・マカオ周遊プランを選ぶことができます。

通信量のプランは500MB/日のみで、回線速度は料金が安い3Gまたは高速通信が可能な4Gから選択できます。

イモトでは1GB/日プランの設定がありませんが香港にはホテルやその他の場所でフリーWifiサービスが充実しているので、無料サービスを活用すれば数人のグループであっても500MB/日で十分です。

機器の受け渡し方法ですが、宅配便の他にも日本国内の主要空港のカウンターを選択することもできます。

パソコンだけでインターネットに接続する場合には、香港は料金が安いUSBタイプの端末を選ぶことも可能です。

オプションで予備バッテリーを借りることもできるので、長時間外出しても安心です。

イモトのWiFiで1ヶ国のみのプランを利用すれば、一時的に通信量が増えた際に回線が切断されてしまう「パケ死」にならないオプションが無料でついています。

そのため、グループで1台のルーターを共有する場合でも安心して香港でもインターネットに接続することができます。


■[ワイホー(Wi-Ho!)]の概要


「ワイホー(Wi-Ho!)」のレンタルWifiの特徴は、オプションサービスや機器の受け渡し方法を極力シンプルにすることで、他社よりも利用料金を低く抑えていることです。

通信量プランも最低250MB/日から選択できるので、とにかく安くインターネットに接続したい方にはワイホーが一番お勧めです。 利用する回線ですが、香港のみであれば高速通信ができる4G(LTE)です。

通信量プランは250MB/日・500MB/日・1GB/日から選ぶことができますが、ホテルの部屋でインターネットに接続できるので1人であれば一番安い250MB/日プランでも十分です。

2~3人のグループであれば500MB/日プラン、4~5人であれば1GB/日プランがお勧めです。

ワイホーはアジア周遊プラン(北朝鮮を除くアジア10ヶ国に対応)も選択することができて、他社よりも安い料金で利用できます。

このため香港と隣接する中国本土の深センやマカオなどを訪問する際もワイホーがお勧めです。

ワイホーはオプションのレンタル機器が少なめですが、予備バッテリーは選択できるようになってます。


■[グローバルWiFi]の概要


「グローバルWiFi」の最大の魅力はオプションサービスが充実していることです。

2014年度のトリップアドバイザーの「トラベラーズチョイス~旅行者のお気に入り~」「モバイルWi-Fiルーター」部門でグローバルWiFiが1位を獲得したほどです。

香港(1ヶ国プラン)であれば4G回線で250MB/日・500MB/日・1GB/日から選べます。

グローバルWiFiでレンタルWifiルーターを利用すると、オプションサービスとして予備バッテリーなどの他にタブレット端末(iPad)をレンタルすることができます。

ガラケーユーザーの方や画面のサイズが小さいスマートフォンしか持っていない方であれば、地図を調べる際に画面が大きくて見やすいタブレット端末も一緒にレンタルすると良いでしょう。

ちなみにタブレット端末も一緒にレンタルしたい場合には、グローバルWiFiの一択となります。

機器の受け渡し場所は宅配便や主要空港の他にも国際線が発着している地方空港も選択できるので、地元の空港から直接香港に向かう場合にも便利です。

3社のレンタルWiFi料金の【安い!】を比較


■[イモトのWiFi]の料金

実際に香港に2泊3日の観光旅行に行くと仮定して、レンタルWifiの税込料金を計算してみます。 香港旅行の日程は2017年10月29日~30日の3日間で、500MB/日プラン(レンタル機器の盗難・紛失補償プラン付き)の料金を比較します。

その他のオプションは利用しないで、空港(羽田空港)で機器の受け渡しをすると仮定します。

「イモトのWiFi」では利用する回線として3Gと4Gの2種類から選ぶことができます。

3G回線を選択した場合には1184円/日、4G回線を選択した場合には1784円/日となりました。

イモトのWiFiには250MB/日の設定がありませんが、3G回線を選択すると通信量あたりの料金がかなり安くなります。

メールやSNSを利用する程度で回線速度を気にしない方であれば、料金が安い3G回線がお勧めです。

ちなみに香港に加えてマカオも訪問する場合には周遊プランを選ぶこともできます。

周遊プランを選択した場合には3G回線のみとなります。

周遊プランの料金は1784円/日で、これは1ヶ国プランで4G回線を選択した場合と全く同じ料金です。

公式サイト

【イモトのWiFi】


■[ワイホー(Wi-Ho!)]の料金

「ワイホー(Wi-Ho!)」についても10月29日~30日にかけて香港(1ヶ国プラン)のWifiレンタル料金を計算してみます。

オプションは機器の盗難・紛失補償のみ付けて、モバイルバッテリーなどのオプションサービスは含みません。

羽田空港で機器を受け渡しすると仮定します。

ワイホーで1ヶ国プランで香港を選択すると4G回線となります。

250MB/日で1076円/日、500MB/日で1376円/日、1GB/日で1576円/日でした。

同じ500MB/日でもイモトの3G回線を選択した方が安くなります。

ワイホーでは、周辺の地域も利用できる周遊プランも利用できます。

アジア周遊プランであれば合計10ヶ国で利用できるので、深センやマカオを訪問する際に便利です。

周遊プランであれば、350MB/日( 3G回線)で1376円/日、500MB/日(4G回線)で1676円/日です。

アジア周遊プランを利用する場合には、イモトよりもワイホーを選択した方が安くなります。

ちなみにモバイルバッテリーをレンタルする場合には、コンパクトサイズ(270円/日)または大容量タイプ(300円/日)から選べます。

公式サイト

【ワイホー(Wi-Ho!)】


■[グローバルWiFi]の料金

「グローバルWiFi」についても同様の条件で1日あたりの利用料金を計算してみました。

香港で1ヶ国プランの場合には4G回線で250MB/日・500MB/日・1GB/日の3種類のプランから選ぶことができます。

オプションは機器のみの紛失・盗難補償付きで、羽田空港で受け渡しする場合を仮定します。

250MB/日で1184円/日、500MB/日で1474円/日、1GB/日で1674円/日でした。

4G回線に限れば3社の中でワイホーが一番安いことが分かります。

ただし、通信速度を気にしなければ、イモトの3G回線(500MB/日)が通信量あたりの料金が一番安くなります。

訪問先の香港にマカオを加えた場合には、250MB/日で2164円/日、500MB/日で2264円/日、1GB/日で2364円/日となりました。

周遊プランを選択する場合に、500MB/日またはそれ以下のプランであればワイホーの方がお得です。

ちなみにグローバルWiFiではオプションとして予備バッテリーの他にiPadをレンタルすることができ、料金は1日あたり500円です。

タブレット端末もレンタルする場合であればは、グローバルWiFiがお勧めです。

公式サイト

【GLOBAL WiFi】

まとめ

これまでの3社の比較は、いかがでしたでしょうか?

いくつか条件を変えてレンタルWifiの料金を計算してみましたが、いずれのプランも携帯電話の海外パケット定額サービスを利用するよりも安いことが分かりました。

10月末に3日間の日程で香港に旅行に行く場合にレンタルWifiを利用すると、ワイホーが一番安いことが分かりましたが、グローバルWiFiでも1日あたり100円程度しか違いがありませんでした。

利用時期を変えたらグローバルWiFiの方が安くなる可能性があります。

マカオや深センを訪問する「周遊プラン」を選択した場合でもワイホーが一番安いことが分かりました。

ちなみにiPadのレンタルを希望する場合には、グローバルWiFiを選択する必要があります。

旅行先が同じ場所であっても日程によって料金に差が出ることがあります。

また、女性に使いやすい機器と評判がいいのはイモトのWiFiだったりもします。

各社とも期間限定で割引キャンペーンなどを実施するケースもあるので、申込時期によっても料金が違う場合があります。

香港用のレンタルWifiを利用する際は必ず公式サイトで見積金額を出してみて、トータルの費用を比較してから選ぶのがベストな選択となります。

また料金シミュレーションを利用する際は、回線(3Gまたは4G)の違いにも気を付けてシミュレーションを行ってください。

イモトのWiFi


ワイホー(Wi-Ho!)


グローバルWiFi


■LINK■